022-227-3955

営業時間:平日 10:00~20:00
月曜のみ 10:00~15:00
土日・祝日 10:00~18:00

4回の椎間板ヘルニア手術でも解消できなかった46歳の元看護士さんがプライベートサロンを開院

椎間板ヘルニアの症状改善のポイントは何?薬?電気?手術?

それとも仙腸関節の骨盤矯正?

仙腸関節会の院長の挨拶

初めまして、仙台 仙腸関節矯正会、肩こり退治腰痛センターの眞山です。当院は、カイロプラクティック、炭酸整体を使い、骨盤のゆがみの原因である、椎間板ヘルニアや腰痛、そのほかの症状を改善に日々奔走している治療院です。

これから、当院は、日々御来院になった印象深い患者さんの施術経過やその後の様子、各症例の詳しい内容やコメントを更新していきますので、今後もよろしくお願いします。

椎間板ヘルニアの手術を受けても解消しなかった患者さんの症例

 

今後、当院の実際の症例を動画や患者さんのインタビューをまじええながら、各症状をわかりやすく伝えていくシリーズの第一弾です。

そこでまず最初は、この人!

大阪市で現在プライベートサロンの経営をされている元看護士の滝川晴子様です。

滝川様は、痛み止めの薬や電気をかけ続けたり、マッサージを数年間受け続けても椎間板ヘルニアの症状が改善しなく、最終的に4回の手術に踏み切った後も一向に症状改善に至らなかったという体験をお持ちです。

このヘルニアに悩む方が、カイロプラクティック、オステオパシーのカウンターストレインの骨盤矯正で、しびれ、痛みを克服し、現在では、ご自分の女性専用サロンを経営されている滝川様のご紹介です。

 

文字ばかりのブログではご覧になられている方も飽きてしまうので、動画を使って実際の患者さんのヘルニア改善の動画、患者さんの声をご紹介します。内容は、4回の椎間板ヘルニア施術を受けても解消しなかった滝川さんがいったいどんな施術方法で、どこを、どのくらい頻度で最終的には、どのくらいヘルニアの痺れと痛みの悪夢から現在の症状になったのかの内容です。

特に椎間板ヘルニアの手術を受けようか?すでに受けてしまった結果、特に痺れも痛みの解消も見られないという方には、是非ご覧になっていただきたい動画です。

滝川 晴子様のヘルニアの激痛から現在のサロン経営までの経過

滝川様は、以前看護師で、勤務中に椎間板ヘルニアの痺れや痛みに悩み、職場で倒れて、其の後は何と4回の椎間板ヘルニアの手術を受けたにもかかわらず症状は、悪化の一途をたどっていたが、今現在は、プライベートサロンを開き、更年期障害に悩んでいる女性の悩みをカウンセリングと炭酸整体で癒すことに生きがいを感じているステキな女性です。

看護師の養成校を卒業した滝川さんは、看護師として国家試験合格後、憧れの職場で早く一人前の看護師として、人様の役に立ちたいと熱望していました。

しかし、何ということでしょう? 急性ぎっくり腰になり立つことも歩くこともできなくなり「このままでは、看護師としてのお仕事も断念しなくてはならないのか?それだけは絶対に嫌だ!!」そして、病院内では、レントゲン検査から始まり、痛み止めのシップ、足の牽引、ブロック注射などの処置を受けましたが、特に症状、特に足の痺れと激痛は、治まりません。

ついに勤務先の病院で椎間板ヘルニアの手術を受けることになりました。その回数は、最初に2回です。しかしやはり腰痛、ヘルニアの痛みはひどく、勤務できる状態ではなくて、とうとう看護師になる夢を断念してしまいました。その後は、偶然、知り合ったご主人とご結婚されて、楽しい生活をいそしんでいましたが、再びまた悪夢が滝川さんを襲いました。

ヘルニアの再発とその治療経過

ある日のこと、軽いぎっくり腰から、坐骨神経痛の痺れや痛みが再発したのです。しかも以前は、まだ20歳代という若さでしたが、このときにはすでに二人のお子さんもおられる40歳代です。この時の状態については、滝川さんから語ってもらいました。

 

滝川

「以前、看護師になりたての時のヘルニアの手術は、若かったせいもありその後は、退職した後も出産や育児をこなしてもそれなりにできていたと思います。

しかし、本当の意味で、椎間板ヘルニアの症状は、根本的に良くはなっていなかったのでしょう。40歳代の時に、突然腰やふくらはぎ、太ももに激痛が走り、立つことも歩くこともできなくなりました。

病院で検査を受けると、「椎間板ヘルニアですね、以前ヘルニアの手術を受けていますが、今度は、腰の3番と4番目の間にヘルニアがあり、これが神経を圧迫して痺れと痛みを出しています。手術をすることでよくなると思いますが、断言は、できません。

ということで、其の後3回目、4回目のヘルニア手術を受けますが、痛みやしびれは、取れなくて、痛み止めの薬を大量に飲んでいたせいか、いつも意識は、うつ状態で痛みもひどく、1時間おきに座薬を使うそれでも痛みがひどいという状態でした。

本当に出口の見えないトンネルに入り込んだ状態でした。

結局、4回目のヘルニア手術も失敗に終わり、医師の間では、「電極を患部につけて、痛みを感じられないようにしよう」という話が持ち上がりました。

この時の私は内心、怒りで、「これは、ヘルニアの治療ではない、単なる痛み止めの処置にすぎない、これでは、またあの激痛と痺れが再発することも必須!どこかで根本的な治療はないのか?という怒りと不安でいっぱいでした。

それからの私は、西洋医学ではなく、人体の持つ自然治癒力に興味を持ち、骨盤と頚椎を矯正し、根本的に椎間板ヘルニアの症状を解決する炭酸整体を受けることで、今は、まったく痛みやしびれから解放された毎日を送ることができました。

サロン開業のきっかけ

このときのつらい経験が、炭酸整体という血液循環を促進し、人体の持つ自然治癒力を引き出す整体という分野に興味を持つようになったきっかけでした。

それからは、大阪の炭酸整体の自分の体を施術した院長先生と仙台市で炭酸整体、カイロプラクティックに造詣が深い先生の指導を受けて、日々整体の修行に明け暮れました。

幸いこの時高校生であまり手のかからないし、主人は、単身赴任で月に2回の帰り以外自分の時間が持てたので、今後の人生で、人様のお役に立てるには、ということで、「自分のサロンを持ちたいな」という願望がめばえましたが、今まで、主婦しかしていなかった私には、無理ではないかという思いしかありませんでした。

しかし、炭酸整体も何とか患者さんを任せてもらえるようになったのもつかの間、今までンお疲れとストレスが原因かもしれません。

疲労があり、気分もうつ気味になったのは、再びヘルニアの時のような悪夢の再現でした。

しかし、これも炭酸整体の中の自律神経の乱れを解消するテクニックがあり、何とか元通りの体になると「なんとしても自分と同じような症状に悩んでいる女性の助けにならなくては、以前の看護師の夢も断念して挫折したのだから今度は、何としてもやり遂げるという気持ちになりました。

こんな気持ちにさせたのは、あの椎間板ヘルニア、更年期のつらい体験でした。

プライベートサロン開業から現在まで

長女は、長男も手がかからなくなりの今後の人生でようやく自分の本当にやりたいことを見つけたことが女性専用サロンウーマンパレの開業につながり、現在は、整体師として、主にヘルニアや頭痛、めまい、更年期に悩む女性を癒すことを生きがいを感じている毎日です。

 

いかがでしょうか?

では今の予備知識を頭に入れていただき滝川様のインタビューと施術場面をご覧になっていただきましょう!

炭酸整体の施術の実際

 

大阪府 滝川 晴子様 以前は看護師 現在は整体師

この動画は、少し長めの動画です。大阪市在住の滝川 晴子様の実際に受けた椎間板ヘルニアの施術動画ですがこの動画を見る限りでは

問診から、整形外科的検査法、ほぐし、動体療法、炭酸整体とオステオパシーの施術、カイロプラクティックの施術、其の後の治療計画まで触れている動画です。

この中で、使われているカイロプラクティックのテクニックは、デバーシファイドという施術テクニックで歴史がたいへん古く古代エジプトの文献にも記載されているそうです。

同じような施術方法は、中国の東北部、かつての満州の炭鉱夫の中にも伝えられていたそうです。

古代エジプトから天竺(今のインド)中国、其の後はカナダ系アメリカ人のDDパーマーが系統立てて、其の後は、日本に入ってきたという矯正テクニックです。

まとめ

最初の手術から10年後、また坐骨神経痛の足のしびれと腰痛が再発し、その後は、ブロック注射、座薬、再び手術。合計4回の手術を受けた女性でも根本的に改善できなかった症状も、適切な施術で症状も改善し、独立してサロン経営という自己実現もできた!という大変思い出深い患者さんなので、このブログのトップに持ってきました。

この動画をご覧のように、適切なカイロプラクティックと炭酸整体の施術で仙腸関節の矯正で手術でも解消できなかった椎間板ヘルニアの痛みやしびれも解消するほかに、めまい、耳鳴り、片頭痛などの自律神経系の所為羽状にも大変効果的なのが、骨盤矯正を中心にした炭酸整体です。

なお、より詳しい情報や当院の施術の興味をお持ちの方には、下記のリンクをクリック!!

仙台 仙腸関節矯正会

https://seitai-senndai.com/symptomscat/youtuuituikannbannherunia/

仙台市青葉区上杉1-4-30 上杉サショウビル1階

肩こり退治腰痛センター内

022-227-3955

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台 仙腸関節矯正会

仙台市青葉区上杉1-4-30 上杉サショウビル1階

肩こり退治腰痛センター内

022-227-3955

 

 

【無料公開!】 あなたの原因不明の症状は、仙腸関節か否か?それを自分でチェックできる5つのテスト

貴方は悩んでいる症状と治療について、こんな悩みを抱えていませんか?

  • レントゲン検査、MR検査、CTスキャンしても、問題が見つからない
  • 聴力検査を受けても「異常なし」
  • ひじ痛、手首の痛みのような手足の末端の痛みの関連痛がある
  • かかとの痛み、足底筋膜炎も腰痛や坐骨神経痛の痺れと併用して悪化してきた!!
  • 腱鞘炎でパソコンも打つこともできない!

首コリや片頭痛に悩んでいたが、電気治療やマッサージを受けていたが、最近は、胸やけ、逆流性食道炎や耳鳴り、めまいも感じるようになった!!

生理痛も手記インできないほどの頭痛や腰痛、生理痛に悩んでいたが、これでは、将来に、子供が埋めなくなるなど不妊に悩むことになるのか?といった、不安を感じる。

「このまま一向に症状が解消できなければ、まだまだ子供も小さいし、生活費や学費がかかるのに、、、」
「手術は、受けたくないし、受けても良くならない人もいるし」
「親の介護も心配になってきたし」

これから一体どうしたらよいのだろうか?と、あなたは悩んで向けて、オンライン講座を無料で公開しました

ご興味のある方は以下をクリック!!